買ったばかりのデジタルアイデンティティは、195円高の翌日は280円安と酷い動きをしています。(TT)

小型株の飛び乗りをやっていれば良くあることで、仕方がありませんが、今日は注目のFOMCが終わり、昨日の利上げ決定後の米金利上昇は穏やかとして円高が進んでいます。

そして、もう一つの注目であったオランダの総選挙は、出口調査では穏当な結果に終わりそうですから、円高で波乱含みと言えども、今日は安心感の方が大きそうです。^^

しかし、平九郎が気にしていたのは、上記2つより、今晩辺り出るはずのトランプ政権の「予算教書=方針?」の方で、どうも減税に対しては具体案が出ない見通しなのです。

となると、マーケットは既に減税に対して先行し過ぎていた事を感じていますから、今日具体案が出なければ、失望感から現実の動きであるNYダウ平均の調整が有りそうです。


従って、今日のマーケットの安心感は偽物の可能性が強く、高値を買えば、痛い目に会いそうですから、今日も買いは見送りを決め込んでいます。


しかも、明日は四季報発売日で、翌日から3連休とあっては、今週は無理をせず、動くとすれば来週市場が静まるのを待ってからで、十分でしょう。^^


加えて昨日のNY市場が112ドル高した場面は、再度絶好の空売りポイントと見ていますから、東京市場も、平均株価は依然「売りの目線」で眺めている訳なのです。


まあダブルベア等を空売りをするか迄は分かりませんが、今日は平均株価の買いを残す事だけは絶対やりません。(^◇^)