トランプ大統領の一般教書演説で、北朝鮮のリスクが大きく取り上げられ、マスコミは色々取沙汰していても、平九郎的に意訳すれば、「俺は北朝鮮を叩き潰し、自分が強い所を世界中に見せたいんだ!」と言うことです。(笑)

ただ腐っても鯛、さすがアメリカで、政権周囲が昨日のジョークのように戦争を阻止している為、開戦が出来ないと言うのが実情だと解釈しています。

従って、今後「開戦が大統領判断に委ねられる局面」が到来すれば、トランプ氏は間違いなく開戦を選ぶでしょうから、北朝鮮リスクは未だ健在です。


また昨日中国沖のタンカー座礁による流出原油が、日本を襲うという報道には、メモ読者からもかなりの反応が出ました。

何と言っても、原油流出と言えば、「原油まみれの鳥」の映像が目に浮かぶ人も多く、昨今の異常なほどの野菜高で苦しんでいる主婦層に、「魚も高くなる」イメージが湧きやすいですし、漁業関係者にとっては死活問題ですから、不安を煽るワイドショーのネタにもなりやすいです。


そして、株にとって一番嫌なのがこの「広く漠然とした不安」が有る状態で、しかも「瞬時に億万長者の夢」でもあった仮想通貨バブルは消え、世界の混乱を未然に防ぐ役目の新FRB議長は手腕が分からない状態です。


で結論は、「なにが起きるか、起きないかは全く分かりません!」ですから、「本当に自信がある、主力の自力成長銘柄だけに絞り」他銘柄は最低単位の保有に替え、キャッシュポジションを上げるでした。(笑)


結果、昨日は日経平均の下げにも拘わらず、アイ・エス・ビーに材料が出て、僅かですが資産が増えました。(^.^)